8月に入り、暑い日が続いていますね。
お盆期間中もオルカキッズは元気です。幼稚園がお休みで園に来てくれる子もいて、最近はお兄さんお姉さんも一緒に楽しく遊んでいます。

さて、写真はオルカキッズの入口を彩る、夏らしいデコレーション。
今回はそれにまつわる日常です。

保育士の先生が夏の飾りつけを考えていました。
海岸に流れ着いたビンから、こぼれ落ちる貝殻。
貝殻がビンに入っているより、こぼれ落ちている構図がオシャレですよね。

しかし、そのデコレーションを見た1歳の子がビックリした様子で

『Oh, No! Clean UP !!!』

と言ってこぼれた貝殻をビンに入れ始めたのです。
どうやら先生がビンを倒して、中身がこぼれてしまったと勘違いし、お片付けを手伝ってくれたようですね。
(何度飾り付けても片付けられてしまいました)

その子はおうちで食べ物を落として床を汚してしまったときは、
『あ、おちちゃた・・・(落ちちゃった)』
と言うそうです。

まだまだ1歳は言語の発達が未熟で、よく話す子でも2語文程度かと思います。

オルカのキッズ達も発達段階ではありますが、こんな感じで英語と日本語の使い分けが見られているんです。
『ちょうだい』より先に『Please』と言った子がいたり、これから言葉を話し始める子たちの成長も大変楽しみです!