ゴールデンウィークが過ぎ、お父さん・お母さんはお仕事の日常に。子供たちも、それぞれ家族で過ごした思い出と共に、保育園に来てくれました。
そんなゴールデンウィーク気分が抜けない5月の日常を紹介します。

【午前中】
今日はいつものように英語で朝の会を実施した後、食紅を小さなボトルの中で水に溶かしてカラフルなジュースを作りました。
キレイな単色や、まざり合う混色を見て、色を楽しみます。
食べても安全な食紅なので飲めなくはないのですが、作ったジュースの蓋は接着剤で固定しました。

【お昼】
給食はスープパスタ、温野菜、豆腐ハンバーグ!
おいしく食べて、2時までお昼寝。

【午後】
午後のおやつのパンケーキを食べて、皆でお店屋さんごっこをしました!
商品のジュースやお店の看板は、もちろん皆で作ったものです。
かごを持って、紙のお金でジュースを買います。
のどが渇いた先生にジュースをあげたり、お友達に「プリーズ!」と言ってジュースをもらったり。
お客さんやお店屋さんなど、皆がそれぞれロールプレイを楽しみました。
役を演じる事で、集団活動や相手の立場を感じる事が狙いです。

子供は遊びから発想力や自発性を身に着けていきます。
保育士が考案した遊びと学びに、英語コミュニケーションを融合させる、バイリンガル保育園ならではの日常です。