卒園するお友達と手形の虹を架けてから、半月で世間の状況は一変しました。

当園が位置する千葉県市川市では、市内の全保育施設(認可園)の休園要請が発令されましたが、オルカキッズ保育園は『企業主導型保育所』という内閣府下の保育所で、市川市では認可外保育園となるため、対象には含まれておりません。

市川市に相談すると、「市としてはノータッチ、県や国の判断に従うように」
千葉県に相談すると、「休園判断は自由ですが、県から要請はしてませんから」

今までにない事態で仕方ない事ですが、各所で混乱が見られています。

オルカキッズ保育園ではすでに半数以上のご家庭が登園を自粛されておりますが、行政から具体的な指示がない以上、今も保育を必要とされるご家庭のため、下記の国の指針に従って縮小規模での運営継続を選択しました。

保護者の皆様、近隣の保育施設等、各所で情報の交換・収集が必要かと思いますので、お知らせと重複する部分もございますが、当園の対応を下記に記載します。

【運営】
・お仕事がお休みで、可能なご家庭は登園を自粛いただく(テレワークはお休みと見なさない)
・医療従事者をはじめ、お仕事の都合上必要な家庭には保育を提供する
・コロナウイルスに関する事象が発生した場合、直ちに情報を公開する

【従業員】
・在宅ワーク、時短ワークの推進、ピークを避けた出勤時間へのスライド
・スタッフの出勤と自宅待機は自由選択、出勤の強制はしない
・子どもの学校など外的理由で出勤できないスタッフへの給与保証
・有給消化の推奨、及び年度内有給の前借り

【保育環境】
・おもちゃや人が触れる箇所は毎日次亜殺菌
・勤務スタッフのマスク着用を義務付け
・お昼寝時など、子ども同士の距離の確保

保護者の皆様にもご協力いただき、家庭と園でサポートをし合いながら運営を続けております。
現段階において、大人・子どもの接触減は約50%程です。