市川市消防局、救急課の皆様にご来園いただき、こどもの命を守るための講義と、救急訓練を実施いただきました。

3時間の訓練を通し、乳幼児の人形を使用して下記の項目を学びました。

・状況確認と安全確保
・応急処置(胸骨圧迫・気道確保・人工呼吸)
・AEDの正しい使用法、練習
・エピペンの使用練習(アレルギー応急処置)

事故は起こさせない事が第一ですが、万が一発生した場合、被害を最小限に留める事が重要です。
職員一同、救急車が来るまでにできる事、やるべき事を学ぶと共に、あらためて命をお預かりする責任を認識致しました。

わかりやすく親切にご指導いただいた、市川市消防局の岡田様、萩原様、ありがとうございました!