企業主導型保育所は、2016年に新設した内閣府起案の保育事業ですが、まだまだ認知も低く、仕組みも定まっていないのが現状です。

そこで、
① 内閣府などの関係各所と連携する
② 保育施設同士が連携して協力する
③ 情報交換を通して保育の質を向上させる

上記を目的とした連盟が組織され、オルカキッズ保育園も第1回目の連絡会に参加しました。

https://hoiku-renmei.jp

インターナショナルスクールや独自の教育法を取り入れた園、保育の質を突き詰めた園など、特色のある園が集まり、自己紹介や情報交換を行いました。

昨今では『良い園』=『認可保育園』という考えが主流ですが、保育の質を落とさずに、保護者が選べる自由な特色を持つのが企業主導型保育所です。

オルカキッズ保育園も、認可園では得られない良さを追求し、他園との交流を深めながら新しい物を取り入れ、お子様を通わせたい保育園を目指して参ります。